« 2012年 今年はどんな年になるかな? | トップページ | ソーラーパネルを試してみた »

A480を修理です。

今回は、デジカメの修理です。

A480  

カメラは、キャノンのパワーショットA480camera

 

入門機のくせに1cmからのマクロ撮影が可能だったり

15秒の長時間露光が可能だったり

日時のバックアップメモリーのリチウム電池が交換可能など

お気に入りだったんですが、

 

地面に落としてしまってから

ズームボタンの調子が悪かったり、

時々、動作がおかしい事があり

最後のトドメに写真に影が写りこむようになってしまいました。down

A480_4

(何処から入ったのか? CCD付近のレンズにゴミが侵入しています。down) 

これが一番の致命傷で青空を撮影すると

ゴミがはっきり写るので悲しくなってきます。shock

 

なので、少し前にフジフィルムの入門機に浮気してしまったのですが

(キャノンさんすみませんsweat02

このまま捨てるのは、なんか勿体無いので 

分解、修理してみる事にしました。

 

A480

ボディ側面のネジを外して 

ボディと液晶とボタンパネルを慎重に取り外します。

(液晶とボタンパネルのフレキを切らないように慎重に外します。)

(ガンプラの箱の上で作業しましたが、内容は気にせずにcoldsweats01

A480_1

次にCCD、レンズ類のフレキを取り外し

CCDを留めてあるネジは、エポキシのような樹脂で接着されているので

慎重にこれを剥がします。

A480_3  

CCDを取り外しました。 CCD、IRカットフィルターにはゴミの付着はなし

A480_2

という事で、レンズ側にゴミ発見sign01 (写真だと分かりませんね 

 

慎重にゴミを取り除いて組みなおします。

ズームボタンも戻り側の接触不良でしたので

チョコチョコやって回復です。

 

組みなおし後は、ゴミも写らずOKです。

ピントが合わないのも不具合ではなくて

気のせいだったのかな? (フレキの接触不良だったのかな?)

何が悪かったのか分からないけど

今は好調に動きます。

とりあえず今回の作業は成功でしたnote

 

最後に、分解作業などは

高電圧のコンデンサにより感電の危険性もありますので

くれぐれも技術の無い方は真似をしないで下さいね。wrench

 

|

« 2012年 今年はどんな年になるかな? | トップページ | ソーラーパネルを試してみた »

修理、改善」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2012年 今年はどんな年になるかな? | トップページ | ソーラーパネルを試してみた »