« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

ゴミすてるなかれ

先日の事

 
買い物をし終わり、自転車に乗って帰ろうとしたところ
 
 
自分の前を歩いていた 
おっさんが 何か落としたので
 
 
自転車から降りて
 
 
『落し物ですよ~』 
 
と拾ったところ・・・・  
 
中身を取り出した後の 空のゴミでしたangry
 
  
ゴミを捨てたおっさんには、無視され逃げられ
一部始終を見ていた 
近くの道路工事現場の人は、自分のほうを見て
ドンマイって感じでした。  
 
 
なんか、トホホな感じ & 少しムカッって気分だよ・・・
 
 
あと、次の日には
 
バーベキュー禁止の公園で
○○○○人の団体がバーベキューをやっていたんだけど
 
 
でかいスピーカーを持ってきて
 
ガンガン大きな音の音楽流すし
 
 
次の日には、片づけをせず
 
飲んだ ビールの缶を大量放置し
 
でかいコンロまで そのまま捨てていきやがりました。coldsweats01
 
多分、皆で酒を飲んでいたので
飲酒運転もしてそうです。 
 
 
文化の違いって言われたら  それで終わりかも知れませんが
 
ここは日本なんだから  日本のルールは守って欲しいものです。
 

| | コメント (0)

続、腕時計 改造編

腕時計の話ですが

GショックのMR-Gが壊れてしまいdespair

 

再度、自分で修理に挑んだものの 

結局 故障箇所が特定できませんでした。down

 

(まぁ、素人に直せるわけ無いんだけど・・・・)

 

という事で、新しい腕時計を購入するお金も 

 

ぜ~ん ぜん ありませんので・・・coldsweats01sweat02

 

 

100円ショップでシンプルなデザイン&実用的な腕時計を探す事にしました。

 

前回の100円ショップで見つけた腕時計は、ベルトの強度が心配でしたので

今回は、ダ○ソーさんへ 使えそうな腕時計を探しに足を運んでみる事にrun

 

確か、ダ○ソーさんで以前

シリコンベルトでシンプルデザインのデジタル腕時計を見かけたので

 

それ狙いです。eye

 

しかし、売り切れwobbly  残念 無念

 

だけど、その代わりに

ブループラネットの黒を発見しGETしました。note

Photo  

昨年位から見かけますが、ちゃんとケースに入っていたりと

 

とても、105円と思えない商品です。

 

まぁ、何処かで見たようなデザインなのは 

( カシオのF-9○W? )

中華製なので察しましょう。 

 

地元のショップでは、紫色や水色ばかりで

黒色を見掛けなかったので

 

シンプルカラーの黒を見つけたのはラッキーでした。happy01

 

個体差があるかも知れませんが

日/1秒ほどと 購入したこの個体は

100均の腕時計としては誤差が少ないようです。

 

以前、購入した別の100円腕時計は

1週間で数分、時刻がずれましたので・・・・・

 

ただ、今回はこれで終わりではありません。

 

この腕時計、100円ですから 

当然、バックライトなんて豪華な装備なんてありません。

 

でも、欲を言えば夜間でも時刻を確認したい~bearing 

と思うもの

 

そこで、夜間でも時刻を確認できるようにしたいと思います。

 

材料は

 

バックライト代わりの蓄光シール こちらもダ○ソーさんで購入しました。

 

壊れたリモコンの白黒液晶パネル部分 

 

作業内容は

 

まず、材料となる

リモコンの液晶パネル表側の偏光フィルムを

カッターナイフで剥します。

 

剥した偏光フィルムの半分は粘着物質が

液晶部分に残りましたが

 

半分は綺麗に剥せたので再利用出来そうです。 ( 綺麗に剥せて良かった )

 

さて、この偏光フィルムを

元の液晶パネルで使われていた向きから

90度傾け (要は、横から縦へ)

腕時計の液晶のサイズに合わせてカット

 

次に腕時計の液晶パネル表側の偏光フィルムを剥します。

 

剥した後は、液晶表面を綺麗にして 

先ほどカットした偏光フィルムを貼り付けます。

 

すると、液晶パネルが黒くなります。

 

これで、文字の色が反転した液晶パネルの完成です。

 

車のエアコン液晶パネルを反転させたり

行なってる方が多いようですので

詳しくは、ネットで調べてみてください。 

 

(素人な自分の説明は、あまり当てになりませんので・・・ 申し訳ないです。

 

自分も、まだ勉強不足なのですが、元の偏光フィルムを表裏反対に取り付けても

反転できるみたい?です。 (やってみないと解からないけど

ただ、貼り付ける方法を考えなきゃですが

 

最後に、液晶パネル裏の反射シール?(←名称が解からないので こう表現しました)

を剥して表面を綺麗にし

そこの部分に反射シールの代わりに

蓄光シールを取り付けて完成です。 

1

出来上がりはこんな感じになります。 ( 反転液晶でかっこいい感じgood

 

反射シールが無いので、文字が少し見え難くなりましたが

 

昼間使ってみたところ

個人的には、時刻の確認に問題は無い程度です。

ただ、やっぱり薄暗い所ではかなり見え難い・・・・・ 

Photo_2

蓄光シールにて文字を発光させた様子。

 

(LEDライトにて数十秒照らしたところ、確認した範囲で

暗闇にて1時間ほどは時刻確認ができました。flair

 

こちらの改造は、液晶の反転作業を行なわなくてもできますが

 

文字が黒で周りが透明のノーマル液晶ですと

蓄光シールが薄暗くなると文字が暗く見えず

 

時刻が確認しずらい感じがしますので

文字側が発光する反転作業と行なうのが

良いかなと思います。 ( もちろん、改造は自己責任でお願い致します。

 

 

 

今回、改造して思ったことは

 

発光と言っても 

蓄光シールは明るい光源が無ければ発光しませんし

 

(あと、日本って夜間でも街灯で明るいですし・・・・)

 

反射シールを剥す デメリット (薄暗い場所での見え難さ)を考えると   

反転作業だけでも良かったかもと

少し思ったりもしないでもないです (汗

 

なので、昼間メインで使う事を考えるなら

蓄光シールは辞めておいた方がいいです。 

 

ただ、改造すると 愛着がわくので 

パッとみ知らない人は、100円ショップの製品と思わない? ( 多分 きっと coldsweats01

それと、黒なので主張せず目立たないので

しばらくは、この改造した腕時計を使っていこうと思います。 note

 

| | コメント (0)

安物の腕時計

先日、腕時計の電池(SR626)が欲しいと思い

地元の100円ショップに行きましたが

そこのお店には電池がありませんでした。

 

なので、今まで購入した事のない

100均の腕時計を購入してみる事に

 

( あわよくば、中身の電池が使えないかと・・・・ 結局違うので無理でしたがcoldsweats01

 

そこで、購入した腕時計の紹介です。

  

(他店では見ないので、地域性の一過性商品っぽい?)

100

まずはこれ、カリキュレーター 

昔、こんな腕時計がありましたよね。

 

105円でしたが、張りぼてじゃなく電卓がちゃんと使えました。

 

お次は 

100_1

これも105円でした。   

100_2

しかも、驚く勿れ  ELバックライトまでついてますよ~coldsweats02

 

恐るべし 100均腕時計sweat01   

 

ネットでちょっと調べると

315円の腕時計で

この液晶(ムーブメント)と同じ商品があったようです。

 

ただ、315円だけあって

その腕時計は、この腕時計より外装がしっかりした感じでした。  

 

さて、この腕時計の機能は、

ストップウォッチ、アラームですが

 

そこは105円

スピーカーが取り付けられておらず

オミットされているのでアラーム音が出ません。

 

なので、アラーム機能は全く意味が無いですsweat02

   

あと、ベルトが薄く ペラペラなので 耐久性が怪しい 

(購入直後、ベルトのストッパーがポロリと外れたり・・・) 

そんな感じです。

 

ただ、100均でELバックライトの腕時計が購入できる

事には驚きでした。

  

最近は、国内メーカーのアナデジの腕時計も2000円で買えたりと

安さに驚くばかりです。

 

| | コメント (0)

防災用にリュックをまとめてみた 

以前、自転車での移動時用にと

ホームセンターにて980円の格安リュックを購入したのですが・・・・

9 

自転車での使用では、背中の放熱性が悪く 

夏場、暑いので ( 暑いのが苦手な 自分ですcoldsweats01

数回使っただけで 放置状態でした。

 

そこで、今回 

このリュックを防災用に使う事にしました。houserun

 

10

このリュック、背負い心地や、作りは雑(縫いなど)で値段なりですが 

値段の割りに収納ポケットが多くて、収納性は良いです。note

 

さて、リュックをまとめますが 

 

今回は、安上がりにするために ( あまり、お金もありませんのでsweat02

このブログでも時々取り上げる 100円ショップの商品を駆使しようと思います。 

 

6

収納性を高める為に 100均で購入した小物達を使います。good

写真には写ってないけど、タッパー×2個を足して

全部で1050円dollar

8

拡張性UPの為のカラビナshine 

これも100均です。 (金色の物だけ、100均ではありません。) 

 

カラビナは、2個セットやバリエーションが多い 

ダイソーさんがオススメです。

 

中身はこんな感じに

34

5

タッパー、レインコート、ライター、ろうそく、乾電池、保温シート

一部LEDライト、500mlドリンクボトル などは100均で揃えてみました。

 

即席ラーメンの水や食器は?ですが

もう一つ 防災用のリュックがあるので そちらに入ってます。sweat02

 

まぁ、このリュック単体でも

水を汲みに行けば 近くの山に湧き水があるし

鍋も何とかなるかなぁ?と思いますので・・・

そのうち、カロリーメイトにでもしておきます。coldsweats01

11

大半の中身の物は、このようにタッパーにまとめて入れます。 

 

タッパーの容量は、小が3ℓ 大が5ℓ

このリュックにピッタリでした。   

 

中身の管理が簡単だしリュックの中で

かさばらないので丁度良かったです。 

Photo

こんな感じにリュックに全部収納して完成です。good 

 

まだ、一番下のポケットは空なので (500mlのペットボトルが入ります。)

もう少し収納できそうです。 ( 重くなっちゃうけど

 

最後に、ネットで検索したら同じリュックがあったので  

アフェリエイトのリンクをはらせて貰いました。 m(_ _)m 

 

探せば、もっと安いお店もあるかもしれませんので参考程度に    

【ポイント10倍】★chama★VIAGGIO多機能ディバック【防災バック】アウトドア 防災 非常用バック 

【ポイント10倍】★chama★VIAGGIO多機能ディバック【防災バック】アウトドア 防災 非常用バック 

| | コメント (0)

G~ ショック (泣

今回は、腕時計の話

 

普段の日常生活では、そこら辺に時計が溢れているので

殆ど腕時計をする機会がないのですが

 

最近、山歩きをした時に時間を確認するのに

携帯などをイチイチ取り出して

 

時間を確認するのも面倒だな

 

と思い 久々に使おうと思ったら 

 

加水分解で腕時計の表面ラバーが砕けて 

こんな姿になってしまった。down

4

これが本当の Gショック~sign03 

down

なんて、くだらない事言ってすみません。 ( 気に入ってたのにdespair

 

このモデルは、DW-002J-4かな? 

 

1994年発売らしいから 17.18年経つのか coldsweats02

 

山や川や海で手荒く扱ったけど ( 落としたり、ぶつけたり、沈んだりtyphoon

 

それでも全然、壊れなかったので

流石カシオのGショックだと思っていました。

 

まぁ、表面のラバーの破損は古いから仕方がないですねng

 

ただ今回、電池を交換したら

正常に動いたので 

流石カシオsign01 と改めて思いました。 

 

注*電池交換の際は、ACリセットしないと 液晶が表示がされません。  

 

でも、ボロボロでベルトもヘタっており 直さないと使えそうにないので 

 

腕時計 他にもなかったかな~

と、タンス内を探すと

5

GショックのMR-G121Tも見つかりました。note

 

Gショックの最上級モデルのMR-Gシリーズ

と言ってもこのモデルは、1998年発売で定価が5万円

 

最近のモデルは、20万円以上みたいですが

Tという文字のとおり 材質は チタンです。

チタンって言葉に弱い自分です。coldsweats01

 

ただ、こちらも電池を交換したんですが

ピクリ とも スンとも 動かん coldsweats02

 

壊れてる・・・・・・shock 

 

分解して、故障事例が多い

ELバックライトと文字盤のズレも確認して

針の動きも大丈夫だったので

 

他の何かの部品が 壊れてるのかな?

お手上げです。down

 

更に探すと

Photo

こんな、時計も

アディダスの時計は、バンドさえ交換すれば使えそう

 

もう片方は、日韓ワールドカップの記念品 

 

誰に貰ったか忘れてしまいましたが

 

探せばあと数個はあったはず 

箱に入れっぱなしで

約10年間放置プレーでした。 

 

個人的に、文字盤のキャラクターのデザインが

意地悪そうに見え好きじゃない・・・・

あと、なんか縁起が悪そうな気もしないでもないsweat02 

 

 

けど中身のムーブメントは、V501とあり

セイコーエプソン製っぽく 

中身は、安心のJAPANです。 (3000円位の腕時計に使われているようです。

 

一応、パッキンも付いているので、生活防水は期待できそうですな~eye

( 裏を見ると 5BARと書かれていました。 ) 

とりあえず、生活防水で普通に使えれば問題ないので

電池交換して使おうと思います。

 

| | コメント (0)

続、続、浜石岳 です。

今回も ブログは 『 山 』 です。

 

天気がよかったので・・・ coldsweats01

行く山は、竜爪か浜石か迷っていましたが

 

サッタ峠へ降りる

ルートを歩いてみたいと思っていましたので 

浜石岳へ決定です。run  ( ← また行くのかよ は 無しでsweat02

コースはこんな感じ 

2

アバウトな図です。  (解かりにくい図で すみませんsweat01

 

上の写真、赤のSライン 但沼からスタート

赤丸は、往路の但沼大橋   橋を越え、農道を登ります。 

 

青丸は、復路の立花池付近

復路は、青ラインを右へ 海側へ進み サッタ峠迄~

Photo   

先ほどの農道が終わると、小さい赤丸地点より登山道へ突入

頂上の浜石岳(707m)へ  

 

復路は、青ライン、頂上より下り 

但沼、サッタ峠分岐よりサッタ峠方面へ

途中、立花池へ立ち寄り 

サッタ峠駐車場へ 

そこから下り興津迄

 

こんな感じ 遅くてもPM4時にはサッタ峠の農道に降りる予定です。 

さて、支度を済ませて清水区の但沼へ

1

但沼(52号線)から、しばらく歩き、但沼大橋を渡り農道へ

( 水がとても綺麗です。 

鮎つりと思われる車が、橋の手前の駐車場に

沢山停めてありましたが

 

川を覗くと2人だけ  

もう少し上流で釣っているのかな?

 

2

農道を少し登ると、遠くに海が少し見えます。

3

向こうに見える山は、地図でみると

高根山 504mらしい ( 上の写真はここから撮影 ) 

 

数年前に農道があるので

『富士山が見えるかな?』

と、寄り道して試しに自転車で登った事があります。

 

ただ、途中から 道が森林の中なので

暗くて不気味だったので引き返しましたけど・・・・ shock

 

写真の鉄塔の辺りまでは登りましたけど

確か富士山は見えませんでした。 (← 天候のせいか?

 

さて、話は戻り

 

農道も終わり 

ここからは以前の記事どおり

森林の中の登山道を登ります。

 

しかし、最近は、寒くなり

運動して体が温まってから30分ほどは

温度変化についていけないのか?

 

喘息の症状がでるので 

くるしぃ~sad

(ホント、夏は暑さに弱く 冬は寒さに弱い 自分の体質が嫌になるweep )

 

ほどほどのペースで歩き 時折休憩しながら 

一歩一歩進みます。

 

そんな感じで 頂上に到着note  

 

12時06分 着 

 

歩き始めたのが10時頃ですから

但沼バス停から 約2時間って処でした。

 

頂上では、毎度ながら マッタリモードcatface

11_7

11_5

11_16

11_11 

11_4

本日は、景色もバッチリfuji

 

(写真に写る 小さいゴミは許して下さいwobbly CCDのクリーニング不足ですsweat02) 

 

頂上の広場ですが、本日もハイカーで賑わっていました。

 

同じ静岡から来た おじさんも

『今日は 景色が綺麗だねnote

 

と写真を沢山撮っていました。

 

ただ、本日のハイカーの皆さんは

車や少し下った場所の青少年野外センターから

登ってきた方ばかりでしたので

 

復路は、単独になりそうです。

少しさびしいかなcoldsweats01

 

山頂で、富士山を眺めながら

本日は、固形燃料のコンロで湯沸しjapanesetea 

 

試しに100均の固形燃料を使ってみましたが 

 

内容は、下記の通り でチャレンジ

( 外気温は、不明  容器ステンレス 蓋なし 水約300ml ) 

 

結果、残念 沸騰に至らずdown

屋内だと沸いたんだけど 

屋外だと 使用方法 ( 容器の問題、風の影響が大きいかな )

 

100均の固形燃料はメタノール  

発熱量は、ネットを参考にすると

ヘキサミンの固形燃料の方が上のようです。

 

ただ、ヘキサミンの固形燃料だと

容器の底が黒く煤けるので使いづらいんですよね・・・・

 

って やっぱり携帯用ガスコンロ買えよって話ですよね。down

 

周りも

『ゴーspaゴーspa』  

とみんな携帯ガスコンロwobbly 

 

すぐにお湯沸いてるぜぇ~ ワイルドだろぉ~good

って感じsweat02

 

ただ固形燃料は 軽いsign03 これが最大のメリットか・・・・

 

沸騰しないながらも

熱いお湯が出来たのでspa 

 

インスタントの暖かいカフェオレを入れ

景色を堪能しながら飲みます。

 

体調も安定したし、寒くなる前に下りますか   

PM1時30分 頃に 出発run

4

しばらく下り サッタ峠、但沼の分岐地点に到着

 

橋を渡りサッタ峠 方面へ向かいます。 

 

ここからは、アップダウンの道が続きます。  

5

しばらくして西山寺への分岐点

 

途中の道では、少しここら辺は迷いやすいかな

と思うような場所もありました。   

 

倒木は、所々チェーンソーで伐採されて

片付けられており

跨いだり、くぐった倒木は、数本程度

こんな感じでした。

 

7

立花池への分岐路 ( 浜石岳方面からだと 二つ目の分岐路です。 )

 

ここから立花池までは、少し下ると到着します。

( アバウトですが 約10分かかるかどうか ) 

 

一つ目の分岐は、距離があるのでスルーしました。  

(少し前に通った方のブログを読むと、蜘蛛の巣が多かったと有りましたので )  

あと、ネットで

立花池が見つからず道を引き返した

という記事をチラホラ見ましたので

 

時間に余裕が無い場合は、浜石岳方面から2つ目の分岐

の方が無難かなと思います。 

 

ちなみに、迷った方のHPの写真があったので見ると

引き返した地点に笹林と茶畑が写っており

 

確か自分の記憶だと、立花コースから登ってきて

池の手前で見たことのある風景だったので

( もう何年も前の事なので曖昧ですが )

 

自分の予想ですが、少し進むと立花コースと合流して

左に曲れば立花池に着くような気もしますが

どうでしょう? 

 

行ってみないと解かりませんが

気になったので、いつか調べてみようと思います。

さて、しばらく下り 立花池に到着

11_18

11_20  

一面 藻がびっちりで 今回ちょっとビミョーでした。

 

以前に来たときは、池の倒木も少なくて 

もう少し綺麗だったんですが 

 

冬になって周りの草が枯れれば

また違うかな?

 

あと、ちょっとした立花池うんちくですが

地元の人から聞いた話によると

 

この場所では昔

草競馬が行なわれていたらしいです。

 

その頃の池の風景の写真とかあるのかな?

みて見たい気がします。

 

さぁ、写真を撮り終えたら

来た道を引き返し サッタ峠へのコースに戻ります。

 

ここからは、平坦な道が多いので

時間短縮の為に早歩きrun

8  

途中で見かけた 謎のきのこ  ( 名前なんだろう?

9

一瞬、立ち止まった場所  

 

赤いビニールテープと

途中途中にある案内板を

目印に下ります。

10

道は竹林に代わり 

モノラックのレールを2回跨いで進むと

みかんを運ぶ農業用のロープウェイが現れ

少し坂を下ると農道に出ます。

 

11_24  

そこは、毎度お馴染みの富士山ポイント

 

農道に出ると、目の前に

サッタ峠への案内が書かれた

階段がありますが

そちらへは行かず、農道を下りました。

11_26

少し下ると 広い場所になり、車がUターン出きるようになっています。

( 駐車禁止と書かれた横断幕がガードレールに掛けてあります。 )

 

ここからの眺めが最高に良いです。  ( 元旦には地元の人であふれます。

 

撮影後、横断幕の地点でUターンして

農道を下ります。 

 

農道をしばらく下り

11_33

サッタ峠 駐車場に PM3時26分 着

天気が良いので、本日の駐車場は満車

 

アマチュアカメラマンが大勢おり

下の展望台の方へ足を運んでおりました。

 

ここで、一息休憩したら 

 

サッタ峠から興津へ下り 

車でピックアップして貰い帰還です。

 

今回は、15kmほど歩きましたが

舗装路に出てからの下りが

一番しんどく

 

サッタ峠駐車場から興津までが 

一番きつかったwobblysweat01

足も少し筋肉痛danger

 

やっぱり少しは、定期的にランニングもしないとダメかな

と感じました。  

 

でも、本日は天気も良く 今回のコースは正解note

 

かなり満足したので

流石に多分、しばらくは行かないと思います。coldsweats01

 

 

最後に、単独行動が多い素人の自分が

偉そうに言えた事じゃありませんがcoldsweats01 

 

今回の浜石岳ーサッタ峠コースは

道程が約10kmあり ほんの一部分ですが登山道も

ちょっとだけ荒れています。 

(若干、道が解かりにくい箇所あり)

 

但沼コースのように (一か所だけ危ない感じの場所があり)

万が一、滑落したら大怪我しそうな場所はありませんが 

 

山歩きに慣れていない初心者の方は  

このコースは避けるか

時間に余裕を持って行動しましょう。

 

 

| | コメント (0)

液漏れ乾電池さん

本日、家に備蓄している乾電池をチェックすると

マンガン電池の+極が膨らんで、茶色い液体がドロドロに漏れていました。sweat02

 

液漏れしていたのは、100円ショップの中国製マンガン電池

 

( 電池の状態は、未開封 使用期限は2014年迄 だったのですが・・・ )

 

購入から1年弱でした。  

 

 

まぁ、100円ショップの乾電池は 

普通に使う分には問題ないのですが

  

液漏れしやすかったり、時々不良品が有って

長期使用や長期保管が不安になりますね。down

 

まぁ、商品名は書きませんが

過去には、購入しようと手に取ると

液が漏れて外装が滲んでいる乾電池もありました。

 

この電池は今でも売っていますが

 

同じマンガン電池でも

他のメーカーの物より 重量が一番軽いので 

色々とケチってそうです。 ( 見た目が一番ショボイ電池です。 )

 

使ってすぐに液漏れを起した事もあるので  要注意

 

それと、同じく100円ショップの韓国製メーカーのアルカリ電池も・・・・

 

こちらは、流石に未開封の状態で液漏れ

という事は無かったですが

 

LEDライトで使っていたら

ある日 突然

見事に液漏れしてました。down

 

使用期間は、1ヶ月ほどだったと思います。 ( 数回経験しています。 )

 

全部が全部じゃないと思いますが

( 以前売っていた インドネシア製の乾電池は、液漏れした事が無かったです。 ) 

自分の経験だと やっぱり100円ショップの電池は

液漏れしやすいイメージが定着しています。 

 

という事で、防災用品として備蓄などするなら

国産の乾電池が一番ですね。  ( 高いのがネックだけどcoldsweats01

 

| | コメント (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »