« 小さい物置を組み立てました。 | トップページ | アドレスV125Sに乗り換えました。 »

中古品でPCを組み立て

ということで今回は

中古で購入した部品を使いPCを組んでみました。 (←正確にはケースの交換という方が正しいですが)

 
最近のPCの規格など全然わからなく、チンプンカンプンな管理人ですので・・・coldsweats01
 
今後、新しい規格のPCを自作する時の練習も兼ねてです。 
 
 
さて、中古屋さんを巡って用意した部品ですが
 
まずは、今回組み立てるPCの中心になる
ジャンク品の自作PCを購入
 
価格は5000円ほどでした。
 
中身の構成はこんな感じ
 
CPU : アスロン64 X2 4850E
HDD : 500GB
RAM : 4GB
マザー :  A780GM-LE/128M
ビデオカード : RADEON HD5450
 
 
ケースがボロボロのうえ、電源が死んでいるようなので中身だけ使います。
 
 
次に、ミドルタワーPCケース 
 
黒透JAX-02W   
 
こちらは、PCショップで新品を4000円ほどで購入
 
Pc_6
 
それと今回は、古いSSDですが
 
中古屋さんで安いものがあったので、試しに搭載します。note
 
Pc_7
 
SSD intel X25-V 40GB 1980円でした。
 
ATX電源は、KEIAN KT520-RS を購入
 
こちらは2160円
 
作るPCの価格なりという事で、安物ですが十分かな
 
Pc_1  
 
SSDを追加するので、SATAケーブルも購入 ( 280円 ) 
 
それと、手持ちのWD製 1TB HDDが余っていましたので
 
500GB→1TBへ変更です。
 
 
部品も揃ったので、購入した新品のケースに部品を組み込みます。
 
Pc_4  
 
CPUのグリスを塗り直し、各部品を取り付け&配線をします。
 
あと、流用したビデオカードのブラケットが
ロープロファイル用でケースに固定できないので
 
そのうち解決策を考えないと
 
 
Pc_3
 
裏側です。
 
ケーブルはグチャグチャですがsweat02
 
サイドパネルの膨らみのおかげで隙間に余裕があり
このままでも余裕で閉まります。 
 
Pc_5  
 
そんな感じで完成です。
 
安いPCケースですが、片側のサイドパネルがアクリルパネルだったり
ケーブルを裏側に配線出来るので
 
見た目がスマートで個人的には良いですね。 
 
 
ただ、説明書が付属していないので 
 
2.5インチベイの取り付け方が、初め分りませんでした。sweat02
 
あと、PCI(e)スロットや5.25インチベイを追加するには
追加する場所の塞がれた部分のプレートを千切る必要があります。
 
なので、簡単な紙1枚の簡素な説明書でも良いから
 
あると嬉しいかもcoldsweats01
 
Pc_8
 
<ケース正面>
 
フロントパネルにUSB3.0×1ポートありますが
 
今回のマザーボードでは古くて対応しませんので使えません。
 
製作過程で、SATA3.0とかPCI Express3.0の規格がある事を知り
今回はとても勉強になりました。 
 
少しお金が掛かってしまいましたので
 
パソコンを手に入れる目的なら、中古でcore2duoのPCを購入を購入した方が
安上がりだったかも知れませんが
 
色々勉強になりましたし、久々に楽しめたのでヨシとします。 
 
 
最後に追加したSSDをシステムドライブにしましたが
古いSSD(容量も少ない)なので
 
WD製1TBのHDDと起動時間を比べてみると
 
あまり差があまりありませんでした。 (OSはWindows10にアップグレード)
 
2秒程度SSD(X25-V)の方が早いくらい
 
というか最近のHDDの読み込みは早いですね。
 
Pc_2 
 
これが、古いHDDだったら
もう少し差が出たと思いますが・・・・
 
このSSDは少し無駄な出費だったかもしれません。 (反省
 

|

« 小さい物置を組み立てました。 | トップページ | アドレスV125Sに乗り換えました。 »

PC関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小さい物置を組み立てました。 | トップページ | アドレスV125Sに乗り換えました。 »