« 玄関にこんな虫がいた  | トップページ | USB電源で光るLED電球 »

まだまだ動く、古いインパクトドライバー

Hオフのジャンクコーナーに12Vのインパクトドライバーが転がっていたので

サルベージしてきました。 ( サルベージしたのはもう何か月も前ですが
 
1
 
日立のWH12DM2です。
 
お値段は、ワンコイン位だった気がします。
 
時代は、14.4Vや18Vのリチウムイオンバッテリーがメインなので
ひと昔前の12V製品ってジャンクコーナーにゴロゴロしているんですよね。
 
もう、十数年前の機種ですが、バッテリー(ニッケル水素)が昔使っていたドリルドライバーと同じ物なので
バッテリーが生きていればと思いGET
 
3
 
中古バッテリーですが、充電すると結構元気でした。 ( まだまだ使える
 
中古やジャンクだとリチウムイオンバッテリーと違って
ニッケル水素バッテリーは高確率で弱っていたり、ダメになっている場合が多いんでラッキーでした。
 
さて、インパクトドライバーの方ですが
フロントの保護カバーが欠品していますが、スイッチやブラシやベアリングなど問題なく
コーススレッドも問題なく普通に打てます。
 
パワーも135Nmと、安物の中国製インパクトドライバー(14.4V)並みのパワーはあるので
自分がちょっとした作業に使う分にはまだまだ使えますね。
 
あと、このインパクトドライバーのフック兼ライトですが
 
2
 
駆動用バッテリーから電源を取るタイプではなく
フック内のバッテリーホルダーに別途、単5乾電池2本が必要です。
 
毎回、使う訳でもないし、職人さんのように長時間使う事もないのに
単5乾電池2本は勿体ないので
 
余っていたコイン型電池のホルダー(CR2032だっけかな?)をハンダ付けして
コイン型電池で使うように改造しました。
 
リチウム電池なので、長期保管にも強いしね。 
 

|

« 玄関にこんな虫がいた  | トップページ | USB電源で光るLED電球 »

中古、ジャンク品 紹介ネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 玄関にこんな虫がいた  | トップページ | USB電源で光るLED電球 »