自転車 整備

虫食っちゃった ハブの点検

 
6月に購入したばかりの自転車ですが
 
2ヶ月経ったので、自分で気になるところを点検
 
2 
 
まずフロントホイールのハブをばらすと
 
Photo  
 
玉押しが見事に虫食っていました。
 
1  
 
シャフトのナットは、かなりきつく締めてあり
回転は、すごくゴリゴリでした。
 
虫食いの原因は
 
ベアリング、玉押し、玉受けの精度が悪いのか? 
 
走行中の負荷が悪いのか?
 
玉押しの調整が悪いのか?
 
どれなんでしょうかね? 
 
素人の自分には、直接の原因は分からないので予想だけ
 
 
この虫食いしたハブですが、清掃後グリスアップ 
玉押しを自分の感覚で調整、組み直し元に戻しました。 
 
しばらく大丈夫だと思いますが ( 多分、何年か持つと思うけど あくまでも予想ですが
 
気が向いたらシマノのハブで組みなおそうかなと思いますね。
 
 
あと、リアホイールですが
こちらはスムーズに回りいい感じ
 
こちらも一応ばらしましたが、キズもなく問題ないので 
グリスアップして組み直しておきました。
 
フロントもリアと同じ状態なら良かったんだけどね。 ( 残念
 
 

| | コメント (0)

最低限のパーツ交換

購入してすぐに、色々と小さいトラブルがあったマウンテンバイクですが

まだ、少し気になる部分がありまして (汗
 
それは、フロントディレイラーです。 
 
変速に関しては、ぎこちないながらも
 
一応変速するので問題ないのですが
 
段数によってチェーンがガイドに擦れるので
 
『 カラ、カラ、カラ~sign01 』 
 
と、擦れる音が気になり、走行時のストレスに 
 
そこで、フロントディレイラーを調整したのですが
幾ら調整しても、ガイドに擦れてしまいます。sweat02
 
擦れない範囲に調整すると、今度はシフトアップできず困っていましたので
 
手っ取り早く部品交換をする事に
 
1
 
フロントディレイラーは、9速用のデオーレに 
 
理由は、在庫がこのデオーレしかなかったので (汗
 
なんとかなるだろう、という勢いで購入 
 
(本当は、お店に入った以上なにも買わずに出るのが気まずかったりする 
自分の性格なので・・・・ 買っちゃいました。 coldsweats01
 
購入したディレイラーですが
対応チェーンラインが50mmだったり、44/48T対応の物なのですが
 
後で、自分の自転車が
44Tのクランクだと思ったら42Tだったという
うっかりミスもsweat02
 
そんな感じで
 
とりあえず取り付けてみましたが、なんとか使えました。
 
適正位置よりバンドの位置を少し上げて固定しないと
ミドルギアにガイドが当たりシフトアップできないので微調整
 
それと、チェーンラインも
元々ついていたディレイラーが47.5mmの物でしたので
 
2.5mmの差ですが
 
セッティングは、Lアジャスターを緩めて一番内側にして
インナーローで本当ギリギリでプレートが少し擦るかなという感じに収まりました。
 
一応、チェーンが擦る不快な音も無くせましたし
シフトチェンジも元のディレイラーより感覚的には良くなったので 
 
( ↑実は気のせいだったり
 
まぁ、元々のディレイラーが正常だったのかも怪しいのですが
一応これで様子を見てみます。
 
本当は、今のパーツ構成に適合する
アセラあたりのフロントディレイラーが欲しかったのですが
デオーレ以下のコンポって店舗在庫がない事が多いですからね。sweat01
 
今回の適合していないパーツへの交換はセッティングもシビアですし
本来の性能も発揮出来ていないので
パーツ交換の際は規格にあったパーツを購入しましょう。
 
(パーツによっては完全に使えない物もありますし 
 
と、こんな事やってる自分が偉そうに言えることじゃないんですが
完全にメーカー推奨外なので自己責任です。
 
あと、ついでにリアディレイラーも交換
 
Photo  
 
こちらは、5年ほど前に購入したアリビオがあったので
それを掃除して取り付け
駆動系はこれでもう不満はないので ( ほぼ、町乗りですし
 
後は、ブレーキ類やサドル、ステム、ハンドルなど
 
お金がある時にちょくちょく楽しみながら
自分好みの部品にしていこうと思います。
 

| | コメント (0)

ペダル交換する

先日、走行中に

 
『カチャ』
 
っと、何か落ちた音が聞こえたので
 
???
 
停まって確かめると
ペダルのリフレクターが落下して転がってました。
 
Photo
 
どうやらプラのストッパーが割れたので抜け落ちたみたいです。
 
 
まぁ、このペダル うん十年物なので劣化ですね。
 
 
多分そのうち 残りのリフレクターも外れそうですし
 
夜間の安全上 無いよりはリフレクターが有ったほうがマシだと思うので  
 
ペダルを新品に交換しました。
 
2
 
交換ペダルは、ママチャリの安物 
 
毎度ながら お金はかけられませんので
 
 
さて、ペダルを外しますが 
中々 ネジが硬く 外れないsweat01 
 
 
錆で固着かな? wrenchbearing 
 
なんて、思っていると
 
ネジを回す回転方向が、反対方向でした。coldsweats01
 
 
右のペダルから作業したんですが、こちらは正ネジ
 
1_2
なので、緩ませる為に回す方向は赤矢印の方向
 
ちなみに左側のペダルは逆ネジです。 (注意)
 
 
まぁ、簡単に説明すれば 
左右ペダルとも、青矢印のクランク回転方向の反対に回せば 
ペダルは緩むでOKです。
 
ペダルのネジをクランク回転方向に回せばペダルのネジ締まります。
 
 
と、暑い中で作業していると ダメだなsweat02
 
3
 
そんなかんじで 交換作業終了です。
 

| | コメント (0)

グリースアップ 残りの箇所

先日の雨で、ずぶ濡れになったので

本日は、ホムセンの安物ママチャリのグリスアップを行ないました。
 
ハブなどの可動部分は、購入後すぐに自分で整備しなおしましたが
ステアリング周りはまだ手を付けていなかったので
 
今回は、この部分の調整とベアリングのグリスアップを行ないます。 
 
 
さて、いつも通りサクサク分解します。 
 
途中、滅多に使わない こんな工具を使います。
 
2
 
馬鹿でかい、32mmのソケットです。wrench  
 
フォークコラムのロックナットをこれで外します。
 
六角レンチのセットのみで、分解できるアヘッドステムなら
こんな苦労はいらないのにね。 
 
Photo  
 
取り外した部品はこんな感じになります。  
正式名称が分からないので、適当な呼び名で
 
左から、ロックナット、溝が付いた特殊ナット、舌付座金(とも回り防止)、玉押し
 
って感じです。
 
 
あと、ロックナットと特殊ナットの間に、前カゴのステーが割り込む感じになります。
 
 
って、写真がないと解かりづらいですよね。 
 
手が汚いので写真が撮れなくて・・・・・・
 
毎度ながら 薄い内容でスミマセン。sweat02
 
1  
 
上記の部品を外せばフォークがフリーになり抜けますので
上下のベアリングにグリスアップです。
 
多分、数年もしくは廃車になるまで
ここを整備する事も無いと思うので
 
グリスはタップリと
 
グリスアップ後に、ステアリングの遊びを調整して
先ほどのナット類を組みなおしますが 
 
この調整が、結構アバウトな感じで・・・・
 
自分の感覚だと、完全に玉押しを締めすぎてしまっていても
回転に変化が少なく
 
ちょっと、調整に手こずりました。
 
 
まぁ、こんな感じで作業は終了。
 
あと、このママチャリを購入してから初の土砂降りを経験したのですが 
 
早速、錆び始めています。 (汗

| | コメント (0)

たまに整備 フロント周りを

クロスバイク(シェファード号)のフロント周りをグリスアップのため

 
分解整備をする事に・・・
 
多分、ここを整備するのは2年ぶり位かな?
 
 
さて、分解していき フロントフォークを抜くと
 
Photo
 
フォーク側のベアリングレース( ←こういう名前の部品名でしたっけ? 忘れたsweat01
 
に、円に沿って窪み(写真、赤丸部分)を発見sweat02
 
 
フォークは、リジットだしね、振動の負担が結構くるのかな? 
 
走るところは、路面の悪い近所の道路とか 
山道が多いしね~wobbly  
 
 
まぁ、この自転車も5年ほど乗っているし、距離も相当なので
仕方がないかな、と思いつつ
 
 
窪みは、ベアリングが同じ位置(直進時のポジション)で発生しているので
定期的に分解してベアリングの位置をずらせば遅らせる事が出来たかも・・・
 
 
一応、確認すると
フレーム側とアヘッドステム側のベアリングレースの異常は無いようです。
 
あと、窪みもまだ少しの窪みで、ステアリングにガタが出るほどの支障は無いので
グリスをタップリ塗りこんで、元通りに組みなおします。 
 
 
本当は、部品を交換したいけど お金が無いので・・・・ 無念despair 
 
ただ、ブログで今回、記録を残しておくので 
次回は交換できればですね。
 

| | コメント (0)

部品を交換したので

先日、100円ショップで購入した

ママチャリのブレーキシューですが
 
交換しました。 
 
Photo
まだ新品なので 綺麗です。 
色が白なので そのうち汚れが目立つかな?
 
 
さて、本命のブレーキの効きですが
 
いい感じに効きくようになりました。note
 
 
交換以前のブレーキシューは、
調べると、日本の某メーカー製が付いていましたが  
 
( まだ、ほぼ新品状態 )
 
ブレーキシューの当たりが悪いのか? 
 
 
ゴムの表面は、半分だけ接地して擦っている感じでした。
 
( そのうち磨耗して、当たりが出れば、効き具合も変わると思いますが )
 
 
その為か? ブレーキを掛けると 
 
ス~ bicycle という感じで 
 
ブレーキの利きがイマイチでdespair
 
(とくにブレーキの掛け始め時が、全然ダメ)
 
停止までに時間が掛かりましたが
 
 
交換後は
 
ギュ~ bicycle という感じで
 
ブレーキの掛け初めから停止までの間
 
一定の制動力で停まるようになりました。
 
 
元のブレーキシューと比べると
 
感触ですが、ゴムの材質が少し柔らかいので
 
このあたりでも違いがでるのかな?
 
 
ただ、磨耗が早かったりするかもですが
 
105円なので 性能とコストパフォーマンスをみれば
良いのかもと思いました。
 
 
あと、ついでにブレーキレバーも手持ちの部品の中から交換
1
テクトロ製です。
 
ミニVブレーキのクロスバイクに付いていましたが 
使い心地は問題無し
 
握りやすいので交換
 
2
そして最後に、前回紹介のボトルゲージを取り付けてみました。
 
う~ん やっぱり ハンドルに重いものを付けるのには抵抗が・・・coldsweats01
 
と言いつつ ママチャリの前カゴ自体重いので
 
まぁ いいか good
 
 
とりあえず、今回の作業でブレーキの利きが少し良くなったので
 
これで安心して走れます。  
 
 

| | コメント (0)

懐かしのブロックダイナモをLED化してみた

最近のママチャリと言えば

 
夜間ライト用の電源は、静かで軽いハブダイナモですが
 
 
安いママチャリでは、まだ五月蝿く重いブロックダイナモ(豆電球)が現役ですね。
 
 
まぁ、自分のママチャリも漏れなく ブロックダイナモ(豆電球)です。
 
 
 
という事で、いつもの LED化 ですね。 (改造しますwrench
 
 
 
ただ、本当はこのような苦労をしなくても 
 
世の中は便利な物で
 
ブロックダイナモ(豆電球)をLED化できる
専用のLED電球も売っていたりしますので
 
そういう商品を使えばポン付け交換で 簡単にLED化も可能です。flair
 
 
 
さて、家の中で使えそうな部品を探して
かき集めてみました。 
(↓ 写真は参考なので 実際使ったパーツはもう少し増えます。)
 
Photo  
 
LEDを光らせる回路は
 
とりあえず、ブリッジダイオードとコンデンサで
 
整流、平滑
 
三端子レギュレータで電圧を一定にする事にしました。
 
 
使う部品は 
 
ブリッジダイオードを役目を終えた
劣化で配線ボロボロの古い携帯電話の充電器から拝借
三端子レギュレーターは、以前マルツで間違えて購入してしまった
 
LDOの出力3V (ダイオードを挟んで電圧を少し上げます。)
 
後は、電解コンデンサとセラミックコンデンサと 
ショットキーバリアダイオード 
 
発光させる LEDは、0.5Wクラスのチップ
 
ただ、照明用基板として14発実装で販売されていた物なので
詳しいLEDのスペックが解からないのが難点・・・
 
予測で 3.4V 150mA 位か?
 
 
さて、これを適当に組みます。
2
(基板の裏側)
 
ライト内部のスペースが少ないので 配置が大変sweat01 ( ギリギリ 収まりました。
 
あっ、 三端子レギュレータの出力側のコンデンサ 付け忘れた・・・・・
 
後で取り付けないと・・・・
 
1  
表側は、こんな感じ 
 
 
LEDの放熱はスペースの関係上 短い銅線を取り付けました。
 
まぁ、無いよりマシだと思うけど
 
大丈夫か心配だ (汗
 
あと、三端子レギュレータも放熱板無しなので
 
放熱も心配かなcoldsweats01 
 
 
いい加減な設計なので
 
すぐに 部品が焼けて壊れるかも知れませんが
 
しばらくこれで様子を見てみます。
 
3
 
一応、LED化 完成です。
 
テスト走行という事で、10分ほど連続走行してきました。
 
 
LED化 後の感想ですが 
 
写真はありませんが、明るさは
電球時より 少し明るくなりました。
 
それと、自転車を押して歩く程度のスピードでも
 
明るくLEDが発光するので 良い感じです。
 
 
あと、漕ぐときのペダルの抵抗ですが
 
こちらは、豆電球と比べて 
あまり軽くなった感じはしませんでした。
 
気持ち軽くなっているのかも知れませんが
鈍感な自分は、あまり分かりませんでした。
登り坂なら違いがわかるかな?
 
とりあえず、壊れた時は また報告しますね。
 
今回はこの辺で終わります。

| | コメント (0)

マディーのブレーキシュー交換

久々に自転車の記事です。

 

今回は、ポンコツマディフォックスのブレーキシュー交換

と言っても現在装着のブレーキシューの溝は

まだまだありますが、

なんと

装着されているシューが20年ものです。(笑

ずっと倉庫に眠っていたので

保管状態が悪くあちこちサビサビ

パーツも当時ものばかりなんで

数ヶ月前にはチェーンが切れたりと色々と手が掛かります。

 

そこでシューを買ってきて交換です。

2

カンチブレーキ用は、アセラしかなかったので

それをとりあえず購入

一対で420円だったので

前後で840円です。(安いっ!!

1

サクサクと純正のサンツアーシューを取り外し

交換作業

外したシューは20年ほどの歳月でカピカピ

シューの角が欠けていました。(今までお疲れ様です)

新品のブレーキシュー調整に手間取りながらも

一応交換完了。

Photo

う~ん、シューだけは綺麗です♪

ボルト類はサビサビで

見た目が悪いから交換したいところですが

芯までは腐っていないので

ねじ山にグリスを塗って交換は見送ります。(お金かかるしcoldsweats01

 

早速、ブレーキシューの慣らし

効果は

少し以前よりブレーキの効きとタッチが良くなりました。

(カンチブレーキなんで 悪路(本当に路面が悪い山道)

だとまったく利かなくてダメダメだけど 町乗りなら十分です。)

 

ついでにタイヤもケンダのセンタースリックの物に交換

これは捨て値の物を購入(前後で2000円くらい)

しかし、漕ぎが重い・・・・・・run 

センターリッジの方が漕ぎが軽かったので

これは失敗でした。

とりあえず一通りの整備は済んだので

残るはハンドルのグリップを柔らかい物に交換したいですね。

| | コメント (0)