修理、改善

2017年初めの記事は、ロボット掃除機を修理した

気が付けば、2017年ですね。 

 
元旦に初詣を済ませましたが
 
おみくじの内容が、いきなり重病にかかるsad
 
との事だったので
 
新年早々、少し凹んでいる自分です。 
 
昨年もろくな事がなかったしね・・・・はぁsweat02
 
今年もどんな1年になる事やら・・・・・ 
 
 
さて、気を取り直して
 
今年は、ジャンクネタから
 
毎度おなじみの中古屋さんに使えそうな部品を探しに行くと
 
目ぼしい物が無く、そのまま手ぶらで店を出るのも気が引ける性格の自分なので
 
1000円で売っていた、ジャンク品のロボット掃除機を、興味本位で何となく購入してみました。
 
2
 
店員さんによると、バッテリーが死んでいるので動かないし、充電も出来ない
 
との事でした。
 
家に帰り、本体の清掃後にバッテリーを確認してみると
 
ニカド充電池だったので、試しに充放電を繰り返すとバッテリーがある程度復活しました。
 
それと、本体も糸くずが絡んでたりしたので分解整備します。
 
1
 
左右の駆動輪はユニット構造で整備しやすかったです。
 
ここの軸に糸くずが絡みついていたので清掃&ギアのグリスアップ
 
試しに充電後に動かすと20分ほど動きました。
 
(新品なら50分の駆動時間らしい)
 
 
しかし、このロボット掃除機ですが
 
全自動での充電機能などは無いので、バッテリーが切れると机の下で停止したりもするものの 
 
(充電してくれと、ピピッとビープ音が鳴ります)
 
大きな段差や階段などは、ちゃんとセンサーで回避するので大したものです。
 
掃除も床や畳のホコリ程度なら余裕で吸引し掃除してくれます。 
 
ネットで調べるとこの機種は、価格が1万円ほどだったらしいので
 
価格を考えれば十分な性能かなと思いました。
 
 
今回、ロボット掃除機も身近な家電になりつつあるのかなと感じました。
 
少し調べると、最近の低価格なロボット掃除機だと
 
バッテリーもリチウムイオンバッテリーだったり、自動充電機能があったりと
 
良いものがあるようです。 
 

| | コメント (0)

治せば まだまだ使えます。

久々にジャンク品を探しに某中古ショップへ

 
すると、お宝を発見です。
 
 
 
マキタのインパクトドライバーTD134DX2が
 
なんと2500円sign01
 
もちろんジャンク品です。
 
 
動作未チェックで充電器もなく 外装がボロボロなのでこの値段らしいです。
 
レジでは店員さんに
 
「返品が不可能な商品ですが宜しいですか?」 
 
と言われますが
 
もちろん 
 
「OKです。」
 
と答えて購入です。 
 
Photo  
 
ということで、ジャンクのインパクトドライバーを2500円でGETです。
 
 
 
早速、点検すると
 
動きましたが回転がとても弱いです。
 
なので、清掃を兼ねて完全分解です。
 
 
 
すると、内部は鉄粉やゴミなどが一杯でした。sweat02  
 
( 手が真っ黒なので写真はありませんが )
 
それと、ブラシの摩耗やコミュテーターが真っ黒でしたので
 
取り出してコミュテーターの汚れをバフで落としました。
 
 
ブラシは以前知り合いのTD131を直した際に
購入した物の予備がありましたので交換です。
 
Photo_2  
 
ピカピカになりました。 
 
ブラシホルダーの変形もないようで良かったです。
 
この後、負荷を掛けずにモーターをしばらく慣らし運転
 
徐々に回転を上げて回します。 
 
購入時とは違い綺麗に高回転まで回ります。
 
 
 
コーススレッドの打ち付けも問題なくOKです。
 
Photo_3
 
汚かった外装も可能な限り綺麗にして完成です。
 
 
ブラシモーターなので、現在主流のブラシレスモーターよりも効率が悪いですが
 
まだまだ使えると思いますので予備機として使おうと思います。 
 
 

| | コメント (0)

修理の記録

 
本日は、写真なしの修理ブログ
 
 
デジカメの修理を知り合いに頼まれたので
 
ちょっこっと作業wrench
 
ただ、修理の腕は素人ですので、報酬はもちろんタダで
 
 
さて、デジカメは比較的最近の型のエクシリム ルミックスだっけcoldsweats01 
 
故障の症状は、『写真にゴミが多数写りこむ』
 
 
この場合は、イメージセンサーの表面にゴミが付着しているので
自分の場合、分解して直接ゴミを取り除きます。
 
まずボディーを分解すると・・・・・・・
行き成りホコリだらけです。sweat01
 
主に仕事で使うカメラらしいので
その使用環境の過酷さから、かなり酷い状況です。
 
粘着テープで全体のホコリを地道に取り除き
 
次は、イメージセンサーの掃除
 
イメージセンサーのユニットは、特殊ネジ3本&接着剤でネジの頭を留めてあるので
あれこれやって外しました。
 
すると、予想通りホコリだらけでした。
 
こちらも、清掃
 
再度組み立てます。
 
簡易的に組み立てて 動作チェック
 
すると、異常あり
 
オートフォーカスが合焦しない
 
なので、もう一度組みなおし
 
まず、フレキの接続を再確認・・・・・問題なし 
 
次に気になる部分は、イメージセンサーユニットの取り付け
 
今回のデジカメは、イメージセンサーユニットを取り付けるネジの部分に
2点の部分にはスプリングがあり
残り1点は、シム(ワッシャ)が挟まって折り完全に締めこんでOKで
イメージセンサーの縦横の傾きを調整するようになっている感じでした。
 
(以前ばらした別のコンデジはそのまま直付けでしたので
その辺の考慮不足でした。)
 
なので、分解前の位置を思い出しながら
 
再調整
 
すると、オートフォーカスが利くようになりました。
 
広角、望遠、マクロと何枚か撮影して
PCモニターで写りに異常がないかチェック 
 
とりあえず問題なさそうなので、ネジの頭をエポキシで接着して修理完了です。 
 

| | コメント (0)

棚のパネルに付いた傷を簡易的に修理

 
久々にリサイクルショップへ行き家具を購入してきました。  
数年越しの部屋の整理の為に ( いつまで経っても物が溢れて片付かない自分の部屋ですsweat02 )  
 
Photo
 
購入した家具はこんな感じの物です。
 
これで、お値段は1800円ほど
 
自分は、他人が使っていた事など
あまり気にしませんので、お安くすんで助かっています。good
 
 
ただ、今回の家具はすこし傷あり
木材の表面は、とても綺麗で画鋲を刺した後が数箇所程度ですが
 
塩ビ?ポリカかな?のパネル部分が傷になっており
こちらは少し目立ちます。
 
分解できれば、パネルを入れ替えて綺麗に出来るのですが
 
どうやら、枠の周りが樹脂のシールで貼り付けられてる上に
枠自体も接着剤で留まっている感じですので
分解は難しそうです。
 
そこで、100円ショップにて
こんなアイテムを購入してきました。
 
2
 
ガラス目隠しシートです。note ( サイズは、90×45cm )
 
ただ、今回張るのは樹脂製のパネル
 
後々の事を考えると今までの経験上
シートを剥がす時に必ずシートのノリなどが
パネルにベタベタ残ってしまいますので・・・・
 
ノリを剥がすのにガラスと違い スクレーパーを使うと
ガリガリに樹脂製パネルを傷にしてしまいそうな予感もします。
 
けど、そこは中古の家具
 
今後このシートを剥がす事なんて
一切考えていませんので
気にせずに張ってしまいます。 ( 自己責任 )
 
3
 
パネルサイズに合わせてカット 2枚作りました。
 
そしてこのフィルムを貼り付け
 
4
 
ご覧のとおり、 完成です。note 
 
傷も隠れて全く目立たなくなりました。wink 
 
後は、地道に部屋を片付けなくては・・・・・runsweat01
 
ただ、いつも途中でギブアップして
また散らかる感じなので。。 
 
駄目ですねぇ~本当 (笑 

| | コメント (0)

ドアのガラスを自分で直したけど・・・・

 
久しぶりのブログ更新
 
昔の目標は、1日 1更新 という時期もありましたが
全然、約束も守れず 相変わらずのブログ更新頻度です。 (汗
 
coldsweats01 あいかわらず ダメだ こりゃ。
 
 
さて、話しは戻り
 
今回の内容ですが、DIYで割れたドアのガラスを交換したいと思います。
(数年前に荷物をぶつけて割ってしまい、接着剤で簡易補修したままでしたので・・・sweat02 
 
まずは、ドアdoorを外して 自分で直せるか下調べ。
 
ドアの構造は、アルミの枠の中に
ユニットになったガラス(フレーム)が収まっていますので
どうやってガラスを取り出すか調べます。
 
結果、左右のネジ計4本を外せば、上部の枠が外れ
ガラスが収まっているフレームを取り出せました。
 
フレームから割れたガラスを外し寸法を測定。
 
取り外した割れたガラスは、危ないので
 
代わりにダンボールを coldsweats01 
 
4  
 
明日直す予定ですし、1日だけなので
これで問題ないでしょう。  
 
( 家の中に虫とか入らなければいいので )
 
この日の作業は、ここまで  
 
次の日cloud
 
交換するガラスですが、知り合いの方に処分するガラスを頂いているので
それを使います。 ( しかも偶然にも同じ柄のガラスでラッキー )
 
そして、このガラスを前日に測ったサイズに切るのですが
 
ここは専用の道具がないと切れませんので 
地元のホームセンターでガラス切を買ってきました。good
 
Photo  
 
お値段は、2036円でした。   
 
このガラス切では、厚さ 2~6mmの一般的なガラスを切れるようです。
 
ちなみに、あと1000円だせば
 
もう少し厚いガラスを切れるガラス切もありましたが 
あまり贅沢は出来ないのでコレにしました。
 
1
 
さて、早速ガラスを切るのですが 
このガラス切には、別途にミシン油が必要らしいので 
家の中からミシン油を発掘してきました。
 
2  
 
後部のキャップをあけてミシン油を投入します。
 
3
 
次に、後部のキャップを締めたら
 
2回転ほど緩め (←使用時は 使用後はキャップを完全に締めます。)
 
新聞の上などで転がし、油の線が新聞に付けば切る準備完了らしいのだけど
 
何度転がしても、油が付かない??
 
と思ったら
 
先端部分が、マーカーペンのように伸縮するようになっていて
一回プッシュしたら油が出ました。  (汗
 
さて、ガラスを切るので
 
安全の為に自分は軍手とゴーグルを装備です。
 
いざ、ガラスを切ってみると・・・・・・
 
直線に切れない(割れない)・・・・・・down
 
どうしても、波打ってしまいます。despair  
 
(ガラスの表面がデコボコなガラスなのも悪いのかな?
 
 
で、横着して直線に切れなかったガラスの出っ張った部分を
ハンマーで軽く叩いたら、うまく取れないかな?
 
なんてやったら、うまくいかず
オマケに割れたガラスが指に刺さった・・・・・
 
wobbly 血がぁ~sweat01 
 
しかも軍手外していた時にだったので 完全にマヌケです。
 
刺さったガラスを抜き、消毒 カットバンで応急処置sweat02
 
そういえば、いつも通り話がそれるのですが
絆創膏の呼び方って全国で色々と違うようですね。
 
(あくまでも、ネット情報ですが) 
 
静岡県の呼び方は、普通に絆創膏らしい?のですが
 
自分の場合、リバテープ、カットバン、絆創膏の3つで呼びます。
 
( リバテープは確か、置き薬の中身が昔リバテープだったので )
 
ちなみに、関東地方や近畿地方の多くはバンドエイドらしいです。
 
一番気になったのが、北海道の呼び方の『サビオ』
 
絶対に
 
『サビオ取って~』
 
って言われても 道民以外は絆創膏だと分からないですよね。 
 
と、絆創膏にも地域によって
色々な呼び方があるんだなと思いました。
 
 
この辺で話は戻り
 
ガラス切ですが、3回目のチャレンジ 
 
1、2度目のチャレンジでは、ガラスを切る際に
 
二度切りっていうのかな?
何回も重複して切るような感じのやり方?をしてましたので
 
今度は、切り初めから~切り終わりまで
1回で切るような感じで
 
すると今度は、まぁまぁsweat01直線に切れました。 
 
けど、少し波打って直線ではありません。down
 
やっぱり、デコボコなガラスなので、うまくいかないような気がするかな
もちろん自分の腕が悪い事もかなりの原因だと思いますね。
 
 
なので、最後はリューターで時間を掛けながら
出来る限り切断面を直線になるように修正して
 
なんとか完成です。 
 
5
 
このように、なんとか
ガラスの交換作業を完了しました。note ( ちょっと疲れたぞ・・・・
 
ただ、今回作業して思ったことは
 
餅は餅屋ですね。
 
ガラスの表面が平らな物なら
まだ苦労しなかったかもですが・・・・
 
2度も失敗したり、おまけにガラスで指を切ったりと
ダメダメでした。 
 
自分のようにDIYで作業される方は
くれぐれも怪我などしないよう、お気をつけください。
 
 

| | コメント (0)

またか 埃が出現

本日も空がどんよりだな~ 

 
というより、向こうの山がモヤで見えない・・・・・ (空気が汚そうだsweat02
 
と思いつつデジカメで空を撮ったら
 
Photo_2
 
写真に毛らしき物が
 
これじゃ(某アニメ)の一場面じゃないか・・・down
 
カメラは、以前入手したイクシー510IS
 
レンズ表面には何も付着していないので
 
多分、IRカットフィルターとレンズの後玉の間に入り込んでいる気がします。
 
以前もパワーショットA480で同じ症状になりましたのでsweat01
 
 
先ほど早速修理しましたが (急ぎだったので写真は無し)
 
アルミボディーなので、背面カバーが外しにくく 
 
電源スイッチなどがある上面部分は、爪でカバーが留まっていますので
かなり手こずりました。
 
カバーを外して、液晶モニターをずらすとCCDユニット
 
CCDユニットは、ネジ3本留め+ボンドで固定されており
 
このボンドが厄介で、ボンドを剥がさないとネジを回せませんので 
 
ネジを外すのに一苦労
 
何とかネジを外しましたが、ボンドが隅にまだ残っているので
それが引っかかりCCDユニットがなかなか外れず・・・・
 
横着をしてマイナスドライバーでこじってしまったら
CCDユニットの端のアルミ板が少し歪んだので 
 
こりゃ不味いかもcoldsweats01 ( 修理が破壊になってしまう
 
とりあえずCCDユニットを外すと ( 間に小さいスプリングが3本ありますので紛失注意 )
 
IRカットフィルターに、2mmほどの繊維がありましたので
 
除去して 清掃 (埃が再度付着していない事を確認しながら組みなおし)
 
少し歪んでしまったCCDユニットが気になりましたが
 
元通り組みなおすと、歪んだ部部が端の部分だったため
写りに問題はなさそうでホットしました。
 
あと、本題の毛が写りこむ問題も解決し修理完了です。
 
 
しかし、毛や埃ですが本当に嫌ですね。
しっかりケースでデジカメを取り扱っていても
入り込む時は入り込むので・・・

| | コメント (0)

ヒー、トー、ガー、ンー で修理

さて、前回購入したヒートガンですが

 
早速これを使ってパソコンを修理したいと思います。wrench
 
適当な修理方法なので修理の際は自己責任で
 
5
 
修理するPCはこれ↑ TX1000 
 
症状からしてGPUの半田不良
 
少し原因をネットにて調べると (このパソコンにも当てはまるか分かりませんが)
 
10年ほど前からPCには、環境に配慮して鉛フリーの半田を使っているので
それが原因(柔軟性がないらしい)で熱膨張の影響をうけクラックするようです。
 
(その他、クラックする原因は、基板の構造や廃熱の問題などもあるそうです。)
 
と、言っても最近の新しいPCは大丈夫のようですが  
 
そんな感じで、電源を入れると、モニター周囲のLEDランプは光るけど
モニターは写らず沈黙状態のこのPCdown 
以前オフで購入し放置したままでした。
 
という事で、修理します。
 
6
 
まず、マルツパーツさんに行き無洗浄フラックスを購入
300円ちょっとでした。
 
Photo_2  
 
次にPCを分解してメインボード取り出し
 
1_2
 
ヒートガンで炙るGPUはこの赤丸部分
 
隙間からフラックスを流し込み、アルミホイルでチップ部分以外の回りを覆って加熱します。
 
2_2
 
こいつの出番です。
 
温度を知るために赤外線放射温度計が欲しかったのですが
予算がないので
 
300℃の吐出設定にして
感でいきます。 ( 本当 適当です。coldsweats01
 
10cmほどの距離から、1分ほど加熱
あとは、自然に加熱したチップの温度が下がるまで放置です。
 
そして、元通りに組みなおして・・・・
 
4
 
復活~notenotenote
 
ただ、この修理だと再発の可能性は大なんですよね。
 
一番良いのは再実装ですが、古いPCですので騙し騙し使っていこうと思います。
 
運良く再発しなければ良いけどどうかな?
 
また再発の際には報告しようと思います。
 

| | コメント (0)

雑な作りのタブレット

以前、購入した格安のタブレット

 
5
 
値段なりなので
 
性能も低いし、バッテリーの容量も少ないのですが
 
主な使い方が、家の中のみなので、結構便利に使っているのですが
最近、気温も高くなってきた事もあるのか?
 
負担が大きいアプリなどを使うと、背面がかなり熱くなるうえに
 
そのうち、アプリが強制終了したり、酷いと電源が落ちたりして不安定に・・・
 
熱くなると不具合がおこるので、熱暴走?なのか
 
 
それと、マイクロSDカードスロットの作りが悪く
 
一度マイクロSDを挿入すると、抜くときに途中で引っ掛かり
 
無理矢理引っ張らないとマイクロSDカードが抜けないという 
難点が・・・down
 
なので、思い切って分解してみました。 
 
Photo  
 
パカッっと開くと、こんな感じ 
 
凄く簡素 
 
背面ボードは、プラスチックのうえ
隙間も無いので放熱しにくそう 
 
それと、分かった事が 
 
1
 
メインボード(基板)が、液晶パネル裏の外枠(アルミ板)の上に
写真赤丸の3点でネジ留めされていますが
 
その3点が、アルミ板から1mm程度浮いています。
 
結果、黄色の部分は、アルミ板から1mm高い位置になり
ネジで留まっていない写真緑色の部分は
 
アルミ板に接地という感じですので
 
メインボードが歪んでおり水平に装着されていません。 
 
なので、マイクロSDカードのスロットも斜めになっていて 
マイクロSDが途中で引っ掛かってしまうようです。
 
そこで、メインボードと液晶パネル外枠(アルミ板)の間に
 
市販の薄いアルミ板を両面テープで貼り付けて
 
メインボードを水平になるようにしました。 
 
6  
 
それと、負荷を掛けると熱々になるCPUspa (A13と書かれているチップ)  
 
分解した状態でタブレットを作動させると
 
バッテリーじゃなくて、このチップが熱を持つと解かりましたので
 
気休めですが、CPUにアルミ板を貼り付けて
背面ボードに穴を開ける事にしました。 
 
4
 
結果、こんな感じになりました。
 
 
マイクロSDカードは、メインボードを水平に装着する事によって
途中で引っ掛かる事はなくなり改善しました。
 
あと、放熱を狙った加工ですが
 
こちらは、効果があるんだろうか・・・・ 
 
まぁ、後ろからUSBファンをあてれば冷えるはず
 
ただ、本当にハングアップは熱暴走が原因なのか?
 
証明する方法が無いので解かりませんが・・・・
 
一応、気休め加工です。
 

| | コメント (0)

いつもの手軽に蓄光ライト

毎回おなじみ

ダイソーの蓄光シールを使い、LEDライトのレンズを光らせる

お手軽、蓄光化ですが

 
今回は、100均で購入したバレットライト(写真、右)を
 
100led
 
使う蓄光シールは、このサイズ
 
Photo  
 
最後の一枚なので、またダイソーに行った際に購入しようと 
さて、バレットライトのスイッチになっている頭を
ギュっと引っ張ればレンズが取れます。  
 
( この際に壊れても自分は責任を取れませんので、分解する際は自己責任で 
 
3  
 
downwardleftレンズ兼スイッチは、3本のツメで本体の筒に引っ掛かってとまっています。
 
レンズ中心横の2本の出っ張りは
電源スイッチを挟むかたちで組み立てになりますので
組み立ての際は注意danger
 
1
レンズ裏側の溝に
円に沿ってシールを貼れる面がありますので 
 
先ほどの蓄光シールを、長い側でカッターで半分に切って 
溝に張ります。 
 
爪楊枝などでシールの接着面の空気を抜いて
ピッタリ貼れば完成note
 
4
さてさて、LEDライトを発光させて 蓄光すると
 
このように発光 
 
実用性は?というと 殆ど自己満足です。 coldsweats01 
 

| | コメント (0)

ジャンク品のカシオW34 復活へ 

以前ジャンク品で拾った、カシオの古いデジタル腕時計

W34_11
前回の作業で
電池交換とボタンの渋い動きを直しましたが
 
今回は、チョコッとイジリとバンドの装着をし使えるようにしました。
 
 
さて、イジリの方ですが
 
まずは、見えにくいバックライトの改善です。
 
 
光源が、ムギ球なのですが
全然、暗くて文字が読めないです。 (真っ暗な場所で辛うじて見えます。
 
それと、ストップウォッチを使うとリセットとバックライトボタンが併用なので
 
リセットの度に発光するので電池の消耗が気になるところ
 
 
なので、光源をムギ球から
明るく、低燃費なLEDに交換してみようと思います。 
 
W34  
(液晶を外して発光)
 
こう写真で見ると明るいムギ球なのですが
実際は、液晶の左側の文字が見える程度の状態
 
(今使っているカメラだと、うまく写らなかったので写真は無しです。)
 
 
換装にあたりムギ球部分の電圧を測定すると2.4Vほど 
 
白色LEDは厳しいかな?
 
という事で、VFが2.8Vの電球色のチップLEDをチョイス
W34_1
以前、マルツパーツで購入していたもの 
 
チップLED5個入りで確か200円ほど だったかな?
W34_2
チップLEDは、ピンセットと比べても このサイズ  
 
小さいので ヘッドルーペを使ってなんとか半田付け完了sweat01
 
 
気になっていた、電圧の低さですが無事 発光しました。 (事前に確認済みでしたが
 
 
あと、作業しながらなので、細かい部分の作業内容の写真は無くすみません。
 
 
という感じで、毎度の行き成り完成ですが
 
LED化したバックライトはこのようになりました。 
W34_3
写真なので、LED発光部分が白飛びなのですがcoldsweats01
肉眼では、写真ほど眩しくは無いので 
ムギ球に比べれば かなり時刻が見やすくなりました。    
 
 
右端なんか元のムギ球では全く見えませんでしたので
 
まぁ、それでもELバックライトには見易さで全く適いませんが・・・・
 
 
そして、最後にバンドですが
 
ホームセンターでゴム製の物を購入しました。
 
 
お値段690円sweat01 このジャンク時計の6倍価格だ~sign01 
 
幅19mmの品揃えが少なかったので無難にチョイス
 
でも、定価が1300円の物が690円になっていたので
少しは良かったかな?
 
交換時、バネ棒を外す工具も入っていたので
簡単に交換できましたし
W34_4
で、こんな感じに完成です。
 
本当は、本体が黒なら良かったんだけどね。
 
 
まぁ、でも腕につけると、そんなに変ではないので
 
この手の質素な腕時計にはこれで十分かなと
 
 
軽いので自転車での移動時には丁度いい感じですし
せっかく直した事だし ボチボチ使おうかなと思います。
 
 

| | コメント (0)